JAXA筑波宇宙センターの見学!駐車場などの情報

H1ロケット

館内にどかんとH1ロケットがすごい迫力です!

JAXA筑波宇宙センターに行ってきました!かみさんと小学五年生の息子と3人でですが、面白かったです!

で、親として、施設の混雑状況とか駐車場とか気になります。

開館日なども確認の上見学に行くと良いでしょう。↓

JAXA筑波宇宙センターの見学用の公式サイトはこちら

 

JAXA筑波宇宙センターの見学について

 

見学については予約して見学するツアーと自由見学があります。

ツアーは事前予約して500円なのですが、いろいろ教えてくれますし、よりJAXAについて見分を深めるためにはおススメプランとなっています。

しかし、気軽に自分のペースで見学するなら予約不要です。

自由見学は駐車場や入場料もなく無料となっています。

見学スペースとして、

展示館であるスペースドーム、軽食やお土産売り場でもあるプラネットキューブがあります。H1ロケットが展示してあるロケット広場もあります。

詳しくは公式サイトの案内をご覧ください。

 

 

JAXA筑波宇宙センターの駐車場は?

 

50台駐車可能です。

車で入口を入ると左側に1つ駐車場があり、さらにその奥にもあります。

こどもの夏休み期間中の平日(お盆休みをはずしました)金曜日に入りました。11時ころだったと思いますが、駐車場は半分以上埋まっており、もうちょっと遅かったら多少待ったかもしれません。夏休み期間中とはいえ、平日でも人気の施設ですね。

土日祝は多分混雑して待ち可能性もあるため、早めに行った方が良いでしょう。

 

JAXA筑波宇宙センターの混雑状況

 

ぎゅうぎゅうという感じはないです。ゆったり見れますが、それでも土日祝などの混雑時はもっと人も増えるため、やはり早めの時間帯に見学した方が良いでしょう。

 

JAXA筑波宇宙センターは楽しいか!?

 

そもそもなんでもそうですが、興味がなければつまらないかもしれません。しかし、迫力と言い、宇宙のミステリアスな雰囲気があるので、宇宙に興味がないかみさんですら楽しんでおりましたし、小学生の息子も楽しんでいたようです。男だったらなおさらロマンなど感じるのではないでしょうか?

 

月?!とかはやぶさとか

月?!のオブジェやはやぶさ

はやぶさかなり迫力ありますよ!はやぶさ

 

顔写真顔写真は大人気スポットですね!

顔写真は小さなお子さんでもできるように宇宙服の後ろに踏み台があります。

小学生には自由研究にはうってつけの施設です!

 

JAXA筑波宇宙センターでの食事について

 

食事も気になるところですが、館内に食堂があり社食が食べられます。しかし食堂は平日のみで 12:50~13:30となっております。土日祝は利用できません。広報情報棟内の広報普及室では持参した弁当など食べることは可能ですが、部屋の予約などしていないため、スペースがあれば弁当など食べることは可能です。ごみは持ち帰りましょう!

プラネットキューブの軽食コーナーも結構広いですしテーブルもたくさんありますので利用してください。

JAXA筑波宇宙センターの宿泊はこちらが便利です。