すっぴんメイクでかわいさアップ

かわいい女子とは、すっぴんメイクの達人です。カッコいい系、キレイ系をめざすならキッチリメイクもありですが、かわいい系を追求するならナチュラル感、透明感を維持することは不可欠。

かと言って、本当に軽いメイクをするだけでかわいく見えるのはごく一部の選ばれた女子だけ…。というわけで、ここではキッチリメイクをしなくても劇的に変わる裏ワザメイクをこっそりご紹介しちゃいます。

かわいくなりたければ、メイクで立体感を演出するということを強く意識してください。

ばっちりメイクでも今ひとつパッとしない、周りをだませていない残念女子がやってしまいがちなのが平面的なメイクです。

漫画や写真と違って人の顔は3Dなんですから、メイクも3Dでなければいけません。かわいく見える骨格や輪郭をとことん研究してください。

では、具体的にどうすればいいかをお教えしますね。

まず、自分が普段使っているファンデより1,2段階暗い色のファンデを用意します。

あなたが顔の大きさに悩んでいるのなら、おでこの生え際からこめかみ、耳のキワ、アゴ関節のあたりまでに、陰影をつけるように暗色のファンデで色付けしていきましょう。

顔の輪郭がグッと引き締まって小顔を演出できます。鼻の高さに悩むあなたは、鼻柱や小鼻の影部分を同じく暗色で協調してみてください。

あまり色のギャップがあると途端にキッチリメイクに見えてしまうので、中間にいつも普段使っているファンデを薄くなじませてください。

チークは、あくまでも頬骨の上に載せるということを心がけましょう。

頬全体に大きく丸を作るのはかわいい、というより幼く感じられてしまいます。チークの明るい色は顔の立体感を際立たせる大きな武器ですが、それだけに目立ちすぎるので控えめくらいが丁度いいです。

最後に、ハイライトを骨の出ている部分に載せていきます。具体的には眉の上、鼻柱、目尻周り、チークを載せた頬骨の上、仕上げにアゴにそっと加えたらパッと華やかになりますよ。ただし、これも光に反射してわかるかわからないか程度の薄づきで十分です。

顔の形、骨格は一人ひとり違いますので、このテクを参考にしながらあなたが一番かわいく見えるメイクの仕方を研究してみてくださいね。